常識 非常識

常識や非常識という観点で物事をみていたらどうなるか

TOP > 常識や非常識という観点で物事をみていたらどうなるか

常識や非常識という観点で物事をみていたらどうなるか

人間はある意味常識に囚われながら生きてますが、
それは間違いに囚われてるとも言えます。

おそらくほとんどの常識といわれることは
実際には常識とはいえないものばかりであり、
そもそも常識を定義することは難しいと思われます。

常識とは簡単にバラすと常に知られてる知識となりますが、
何を知っているか知らないかは人それぞれですし、
生き方や趣向にもよっても全然違います。

たとえばサッカー好きな人にとっては
ルールはすべて常識だと言えますが、
サッカーに興味がない人にとっては
ニュースを聞くとチンプンカンプンだったりします。

そしてオフサイドって何?と聞くと
サッカーファンは驚きの表情を浮かべたりします。

ひどい人になるとなんでそんなことも知らないのかと
文句を言い出す始末します。

そのような言動は未熟者だと思われるので
できるだけ避けたほうがいいですね。

なぜなら常識は人それぞれ異なるので、
特に知らなくても問題ではないことが多いですし、
人を困らせることはほとんどないからです。

もちろん限度はあると思いますが、
それはほんの一部の事柄に過ぎないでしょう。

スポーツのルールを知らなくても生きて行けますし、
自分の好きなことや必要なことを知ってさえいれば
極端な話ですが大丈夫なわけです。

ビジネスを成功させるとか会話を充実させたいなどと
思っているのならいろんなことを知っておいたほうが
いいと思いますが常識という観点に
囚われてはいけないような気がします。

また、世の中は非常に早く進歩しているため、
これまで常識と思われていたことが
今日から非常識になることも珍しくありません。

例えばティラノサウルスなどは肉食恐竜として
有名ですが、再現した絵やCGはどれも薄焦げ茶の
地味な色をしています。

ところが最近は実はカラフルだったのでは?とか
羽毛が生えていたかもしれないという説も出てきて、
必ずしもみんなが想像する生物ではない可能性が濃厚なのです。

あと人類の祖先は数十万年前くらいから現れただろうと
言われていた時代もあったと思いますが、
実際はもっともっと古い時代からいたのです。

宇宙も毎日が発見に満ちあふれており、
これまでの常識を覆す天体や現象が
次々と明らかになり謎が深まったりしています。

このように常識とか非常識という発想をしていたら
世界が広がらず下手したら人間関係が破綻し、
人生が悪い方向へ向かってしまう恐れがあります。

よく成功者とかが常識にとらわれない生き方をせよ
と説くことがありますがそれはほんと的確な
アドバイスだと思います。